母子感染とB型肝炎

注射器

B型肝炎という病気があります。こちらは感染症の1つです。感染症というのはさまざまな感染経路があるものです。そのため、注意しなければいけないことはたくさんあります。現代では感染症に対する知識が深まっており、さまざまな対策がとられるようになっています。事前に予防することが可能であり、ほとんどの感染症は防ぐことができます。しかし、数十年前の日本では感染症に対してまだまだ対策が不十分であり、実際に被害にあってしまった方もたくさんいるのです。B型肝炎というのはそのような病気の1つとなっています。

かつて小学生の集団予防接種の際に注射器の使い回しが行われていたケースがあります。これによって、B型肝炎の集団感染が起きてしまったのです。

昭和23年に予防接種法が施行され,国は国民・住民に対して集団予防接種を受けるよう強制してきました。しかし,その管理体制には深刻な問題があり,注射器の使いまわしなどが原因で,非常に多くの方がB型肝炎ウイルスへ感染してしまいました

その被害者はかなりの数に達しています。かなり長期間にわたって注射器の使い回しが放置されていたからです。これは国の不手際によって引き起こされました。国がきちんと指導をしていればこのような事態を避けることができたからです。そのため、B型肝炎に感染した被害者が集団訴訟を国にしました。これによって、給付金が支給されることになったのです

B型肝炎の感染にはいろいろなルートを考えることができます。こちらでは母子感染による感染について特に注目してみましょう。母子間でもB型肝炎が感染してしまうケースがあるのです。また、母子感染してしまった被害者の給付金についても注目しています。B型肝炎について気になる方は参考にしてください。