B型肝炎給付金

現在、国の不手際によってB型肝炎に集団感染してしまった方は条件を満たしていれば給付金を受け取ることができます。受給条件はさまざまです。まず、B型肝炎のキャリアであることが必要です。また、生年月日が昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までの間にあることも条件です。さらに満7歳になるまでに集団予防接種を受けている必要があります。また、他の感染原因がないことが確認されなければいけません。

給付金ただし、母子感染した人もいます。この場合は自分の母親が上記の条件を満たしていることを証明して、母子感染以外に感染の原因がないことを証明する必要があります。そうすれば給付金を受け取ることができるのです。

B型肝炎の給付金を受け取るためには、裁判をしなければいけません。国に対して訴訟をして、条件を満たしていることを確認できれば、給付金を受け取る手続きができるようになるのです。

裁判をするといっても形式的なものとなっています。ただし、きちんと書類を用意して条件を満たしていることを証明しなければいけません。そのため、多くの方は弁護士を雇って代わりに手続きを進めてもらっています。そうすれば確実に給付金を受け取ることができるでしょう。